ライフル射撃競技関係Q&A
一番下のボックス=パスワードに”unagi”と入れてください。usagiではエラーになります。300KBまでの画像を投稿できます。(JPG、GIF)
尚、規則の変更や新しい知見のため、過去と同じ質問で違う回答をする場合もありますので了解ください。(PWは以前と変わっています…)
名前 入力必須=なんでもOK
題名 質問カテゴリー

内容 (關於漢語悠瞭解)
画像
修正キー (英数8文字以内)
パスワード 必須(unagiです)
  試験期間  2018年1月21日(日) 1:47
修正
ARで用具検査後の競技中に動かしても(調節しても)ルール違反にならないパーツはどこまで許可されているのでしょうか? 

    2018年1月21日(日) 18:49 修正
規則集のエアライフル規格のサイズ制限や使用制限を逸脱しない限りどのパーツの調整も許されます。例えばチークピースの上下や回転、左右のオフセットを行っても構いませんが常時規則内の状態でなければならず、ジュリーの射座での用具検査は求めに応じていつでも受けなければなりません。(極端に動かすと競技後検査には当選確実になるでしょうがルール違反ではありません)

昔はサイト調整とバップレの上下調整のみ許可されましたが現在は規格内で50mライフルと同様にできます。

 自然狙点の位置 しなと  2018年1月8日(月) 21:53
修正
こんばんは、いつも勉強させていただいております。

ARについてなのですが、随分と前から自然狙撃がどうしても右に寄ってしまっていて困っています。腰より上から回転させて対処しようか立ち位置を標的に向かって立った時左に動いて対処しようか悩んでいたのですがどれもしっくりこなかったのですが、先日練習をした際にバットプレートを脇側に入れ込みすぎているのかもしれないと思い少し腕側にずらしてやるとうまくいきました。しかしこれだといつも同じところにバットプレートを当てることが難しくなってしまいます。
そこでバットプレートをオフセットして、銃を体から遠くし、バットプレートは今の位置に当てれば良い状態にしようと思うのですが、それ以外になにかよい対処法はありますでしょうか?
右へのズレはだいたい黒点半分くらいで、上半身は自然な状態以上は捻らず立ち位置は黒点から伸ばした直線が土踏まずよりも少しつま先側に来るような形で立つようにしています。
ご教授よろしくおねがいします。

    2018年1月9日(火) 22:51 修正
≫そこでバットプレートをオフセットして、銃を体から遠くし、バットプレートは今の位置に当てれば良い状態にしようと思うのですが、それ以外になにかよい対処法はありますでしょうか?

それは良い方法と考えますよ。ただしソリューションは一つではありませんので種々比較検討してください。また黒点半分程度ですと中心に意識的に持っていける範囲とも言えます。黒点半分の距離で背面方向に下がってみてそれでも右に向くようですと、ポジションやセットの問題ではないかもしれません。

ポジション形成にはリラックスは重要ですが、膝を例にとりますと、ある一定の筋緊張度を下回ると膝が折れて転んでしまいます。腰の部分も同様で体の格好を保つ最低限の筋の使用は必要なことです。意図的に力を入れるより、骨格の捻りによる筋のテンションを利用するほうが好ましいのですが、いずれにせよリラックスが過ぎると何をやっても右に向く人は右に向いてしまうかもしれません。左腕のひきつけも最低限の筋力は使用します。 内的姿勢のその方面からも検討してください。

 コートのボタン コン  2017年12月21日(木) 11:09
修正
こんにちは
最近、コートを買い換えました、昔から使っていたコートは高校生の時先生がボタンの位置を合わせてくれたのですが、今回新しく買ったコートはまだなんの調整もしていないのでボタンの位置をずらしたいと考えています。
ボタンの位置をずらす時、どういう基準でずらせばいいのでしょうか?全体的に前合わせのルールを少し余裕を持って通るようにすればいいのでしょうか?

    2017年12月21日(木) 21:52 修正
クリップなどで上下が仮止めできる状態か補助者をお願いしてジャケットのどの位置に左ひじを置くか決めてください。その位置の変化(ジャケット胴部を回転させて使うか自然位置で使うかを決める)によっては背中側の当たり方やホールド感が変化します。 大体の位置が決まったらその状態でボタン位置の大まかなものを決定して取り付けてください。 あとは使いながらの微調整になると思います。一番下のボタンで締めすぎるとジャケットがズボンにひっかかって毎回正常な位置にならないので注意が必要です。

前合わせが10pを超えるようですと下側の端を切り取る必要があるかも・・・。

 APグリップ てっぺい  2017年12月20日(水) 8:38
修正
いつも大変お世話になっています。
APのグリップに関し質問させて頂きたく。
先日、イタリア パルマのM氏にAPのグリップをカスタマイズしてもらいました。
私は親指を下方に置く癖があるため、M氏は親指を置く部分を下方に削ってくれました。
レギュレーション上問題ないか?との質問に「問題ない」との回答でした。

後に念のため規則を確認すると以下の記載がありました。

8.12
(a)---略---ヒールレストやサムレ ストの上方へのわん曲および親指の外側の下方へのわん曲は禁止される。---以下略―-

まさに禁止事項と思うのですが、私の解釈間違いでしょうか?

また、テール部分も延長してもらいました。
真後ろから見るとテール後部の外形は規則8.13に則していると思いますが、内部は手に形に合わせて少しアーチ型になっています。
規則はあくまで外形図のみですので、内部はこのままで問題ないのでしょうか。

専門外の質問で申し訳ございませんが、よろしくお願いします。

 APグリップ てっぺい  2017年12月20日(水) 8:50 修正
photo1

    2017年12月20日(水) 14:57 修正
photo2

    2017年12月20日(水) 17:10 修正
a) 10m Air Pistol Grips: No part of the grip, frame or accessories may touch any part of the wrist. The heel rest must extend at an angle of not less than 90 degrees to the grip. This applies to the heel rest in front and behind the grip as well as on the sides. Any upward curvature of the heel and/or thumb rest and/or a downward curvature of the side opposite the thumb is prohibited. The thumb rest must allow free upward movement of the thumb. The grip must not encircle the hand. Curved surfaces on the grips or frame, including the heel and/or thumb rest, in the longitudinal direction of the pistol are permitted.

サムレストの側方側が上がったり下がったりしていないので規則には抵触しないのではないでしょうか。上部の後方の延長(テール)も平面ですので問題ないと思いますが・・・テールの後端は手首との間で空間がありますよね?(射撃状態のグリッピングで手首をグリップの一部が当たることなくぐるぐる回せるか?)

100%の保証はできませんが問題はないと思います。

 ありがとうございます てっぺい  2017年12月20日(水) 17:29 修正
ありがとうございます。
なかなか規則をきちんと読めていないようでした。
テールも手首には触れておりません。
もう一度規則をきちんと読んで理解に努めます。
大変勉強になりました。

 射撃の頻度について 道夫  2017年12月18日(月) 19:12
修正
現在社会人でsbのpのみの競技をしています。

今のところ、月一回ある所属してる県協会の大会に参加するときしか、射撃をしていません。

最近仕事が落ち着いたので、週末だけでももう少し射撃に関わりたいと思いました。

しかしながら、車がなく、アパート暮らしで銃も弾も銃砲店に預けています。
そのため、週末に射撃場へ行って撃つということが、経済的にも気力的にも意欲がわかないできました。

せめて、基礎体力だけでもつけられたらとは思うのですが、射撃競技をしている方は撃つ以外にどんなことをしていますか?
ランニングやジムで筋トレなど、アドバイスをお願いします。
今まで運動などほとんどしてないので、基礎的なところから身につけたいと
思います


    2017年12月19日(火) 17:05 修正
≫射撃競技をしている方は撃つ以外にどんなことをしていますか?

情緒的表現ですが部活を除く射撃人口の90%はおそらく何もしていないと思われます。残りの10%のうち一部の人は筋トレや心肺機能の強化をしているでしょうが、射撃に関してはそれほど大げさな体力は要求されません。せいぜい腹筋100回とか5q普通に走れるといった程度でしょう。

伏射専門ですとさらに要求度は下がりますが、スロートレーニング(ネットで検索してください)の実施や通勤の時一駅歩くといった程度でよいのではないでしょうか。会社が10q程度で道路状況が良ければ自転車通勤という手もあります。

お尋ねの環境ですと、かしこまったトレーニングを計画するよりも日々の生活の中で消費カロリーを増大させることに注目されるとよいと思いますよ。

腕立て伏せ10-20回とか言った虚弱的な筋力の場合は障害予防のためちょっとだけ筋力を強化してください。(腹背筋、肩関節周りの筋力、股関節周りのストレッチ) 2日に一度3か月で筋力は定着します。

  道夫  2017年12月19日(火) 23:11 修正
そうなんですね。
ありがとうございました

 チェストサポートについて もやし  2017年11月6日(月) 20:36
修正
いつも、参考にさせて頂いております。

バウの胸当て(チェストサポート)をバウ800で使っているのですが、
西日本にて大会に参加する機会があったのですが、その際チェストサポートを違反として指摘されました。
私のバウは700にあったチェストサポート取付穴の様に、前所有者が穴あけしております。

取り敢えず取り外し事なきを得ましたが、「今は側面にそれつけたら違反です」としか言われたのですが、「側方に突出する装置またはウエイトは禁止」に引っかかったのか、「チェストサポート禁止」なのか不明です。

納得できずルール確認したのですが、チェストサポート(自作含)取付(自作含め)を禁止する項目も無く、ストック幅を増やす加工についての規定も確認できませんでした。

ぐ様の支部 周囲でチェストサポートを使用されている方や、ルール等どの様な解釈になっているかご教授いただけないでしょうか?

---ルールの図より引用---
緑色□の範囲内に取付しております

    2017年11月7日(火) 23:14 修正
7.4.2.7bのDEVICEに相当するので使えません。

b) Any devices or weights projecting downward or outward (laterally) from the butt-stock are prohibited;

  もやし  2017年11月7日(火) 23:38 修正
ありがとうございます。
「側方に突出する装置またはウエイトは禁止」でダメなんですね。
今まで指摘される事なく使ってたので良かったです。

大会後、取外して色々と調整しているのですが、細身故に右胸に当たっている感が
無く左右に揺れだし安定しない状態です。
ストック周辺のパテ等で肉盛りは突出させる事になるので違反?になりそうです。
何か良い対策等ご存知でしたらお願いします。

    2017年11月8日(水) 0:11 修正
リオ後の規則変更でそれまであった条項「規格数値に満たないストックの部位は規格寸法まで拡張できる」という文章が削除され、その代わりに「突出した部品」とかウェイトのテープ止めはだめだとか言った条項が追加されています。

すなわち規則の意図はパテ肉盛りなどでストックの幅を増大させたりすることを禁止するということなので、やめといたほうがいいです。

バップレのオフセットが銃身軸から3p(一番端の位置)まで可能で下端までの距離制限がなくなりましたので、バップレ調整での工夫はできないでしょうか。

  もやし  2017年11月8日(水) 19:25 修正
ありがとうございます。
下端に制限の代わりにバットプレートの長さの規定が増えているようです。

バットプレートの調整は限界まで寄せておりますが、接地してる感覚が無い状態です。
バットプレートの調整+姿勢を見直(胸に乗せる姿勢の探求)をやって見たいと思います。

ただ私がライフルを始めた頃は胸にストックが付かないと話にならないと、
言われてたのですが、ISSFの動画を意識して見てみたのですが、胸との接触を得るためか銃を傾けている選手も居るようですが必ずしも胸に着いていないからといって問題にならない

という個人的に認識しておりますが間違いないでしょうか?

    2017年11月8日(水) 22:40 修正
むかしはARはスタンダード規格の範囲内で処理されていましたが現在ではAR規格として独立し、スペック的には自由度が増し、以前は禁止されていたチーク・グリップ・フォアエンド・バップレの競技中の調整も自由になっていますのである意味種目が違ってきたとも言えますね。


≫必ずしも胸に着いていないからといって問題にならないという個人的に認識しておりますが間違いないでしょうか?

体格の大きい人は着かない人が多いですよ・・・

  もやし  2017年11月9日(木) 0:15 修正
SBと大分近づいて来たなと感じております。フックが取付けできればなと思っております。
ただルールが変わり過ぎて新旧のルールが混在して誤認している方も多い気がします。

昔、絶対着く、胸で保持できないと伸びないと言われ、上の方も無理やり銃を傾けて挙銃して方も居たので安心ました。
私は176cmと長い腕です。
姿勢の見直しと、銃の設定で色々試して安定した姿勢を探求してたいと思います。
社会人になり相談先も乏しく大変不安でしたが安心できました。

 色々と調べた所・・・ もやし  2017年12月10日(日) 2:46 修正
ぐ様
あれから色々と調整し、点数だけをみると以前の様にとはいきませんが、どうにか形になってきました。


私がご質問させて頂いた後、最近、所属クラブにてチェストサポートを購入された方がいます。
ルール上問題無いとの事で購入したそうですが、所属の支部の月例会で違反派とOK派で意見が分かれてしまいました。
全員で色々調べた所

・7.4.2.7bのDEVICEはLG300の様なウェイトの取付方を規制している

・取付部分をどう捉えるかによって白黒(バットプレート、フォアエンド等)が異なる

・チェストサポートはルール適合パーツのはずだが、解釈の仕方によって違反とも取れる(ジュリー次第)

との事でした。

その道中、その方のコートが違反か違反で無いか別の論議となり…
「ベルトとサスペンダーの同時使用は違反」

考えてみればルールの穴(不明確)になっている部分色々と多いですね。

 線撃ち練習等について ホネホネ  2017年12月5日(火) 21:30
修正
AR(2年・ave550)です。線撃ち練習についての質問です。
普段の練習では、白紙撃ち→グルーピング→採点射撃をしています。時間が有る時は、横・縦線撃ちをするのですが、線撃ちをすると決まって、その後のグルーピングが乱れます。
実際、線撃ち練習の効果はどうなんでしょうか。

    2017年12月6日(水) 20:19 修正
高さの規制や(リラックス系)、狙点の安定(銃口の左右方向)を規制してかつ指をスムーズに動かせるようにする訓練ですが、「線撃ちをすると決まって、その後のグルーピングが乱れます。」ということでしたらやめていいのではないですか。


≫実際、線撃ち練習の効果はどうなんでしょうか。

あなた様の場合は効果はマイナスということでしょう。通常は考えにくいのですが・・・。

  ホネホネ  2017年12月6日(水) 21:36 修正
ご回答ありがとうございました。
線撃ちの意味も良く理解せずに、漠然と線撃ちをしてました。
次回からは、何のための線撃ちかを意識して練習してみます。

 締め付け んz  2017年11月15日(水) 23:48
修正
SBのバレルドアクションとストックとを固定するネジについて質問なのですが、これは銃を使い終わって保管している時に撃ち終わってそのままの状態と少し緩めた状態のどちらが銃やネジにとって良いのでしょうか?
トルクレンチによって結構な力で締め付けられているので使わない時は弦楽器の弦のように少し緩めたほうがいいのかと思ったりしています。
ちなみにストックはカーボンがまわりに付いてますがネジで締め付けたりアクションと接する部分はアルミで、さらにアクションとストックは板状の樹脂素材のようなもので隔てられて直接接しないようになってます。

    2017年11月16日(木) 21:11 修正
金属の体積は温度により変化しますが、アルミの熱線膨張係数は鋼材の2倍あります。 季節の移り変わりにより温度が上昇した場合はアクション側のねじの間隔は大きくなるのですが、アルミはさらに大きく伸びているわけです。

アクションスクリューを締めたままですとアクションとストックはバイメタルと同様の性質を持ち、結果アクションは自然な形状に比較してわずかにたわみます。1mの鋼材は10度の温度上昇で0.1o程度伸びますがアルミは0.2o伸びます。(数値は概算ですよ)鉄道のレールのつなぎ目の存在はこのことによる脱線を防止するためです。

大したことないとしてねじを締めっぱなしにしている人も多いですが、個人的には春夏秋冬の年に4回程度は一度緩めて締めなおしたほうが精度的に安心と考えます。緩めるといってもねじを外すわけではなく1回転ほど緩めてしばらく放置して締めなおすといった程度の作業です。

このことはアクションスタビライザーの場合も同様で時々緩めて締めなおすのが吉と考えます。何年もアクションスタビライザーのねじを締めなおしせず使用していて、ボルトがこすれたり引っかかったり、引き金のセットが不安定になったりした例は経験しています。いずれもねじの締めなおしで即座に改善しました。

蛇足ですが、木のストックは毎回射撃後に緩めておくのですが、こちらは湿度の変化に係る木部の膨張による締め付けトルクの変化でストックやベディングが痛むことを防止するためです。

  んz  2017年11月22日(水) 3:07 修正
お返事ありがとうございます。
金属の体積変化のことを全然考えていませんでしたが確かに気温による変化でのたわみはあまりよくなさそうですし時々ねじを気遣うのが吉のように思えますね。とても参考になりました。

 ルールについて でこすけ  2017年11月14日(火) 15:10
修正
先日の試合(G1)において、私の射座の電子標的(マイトン社製)具合が悪いので隣の射座に移って欲しいということで移動しました。
「プレパレーション アンド サイティングタイム」が始まって試射したところ2発まで表示されませんでした。そこで役員を呼び事情を話したところ、わかりました別の射座へ移動することを考えますが今一度実射して下さいというので撃ったところ表示されました。
その後普通に表示されたのでその射座で撃つことになったのですが、時間の延長はないのか役員にきいたところ、役員は延長はありません、そのまま撃ってくださいというのです。残り時間は3分と少しでした。
ここで揉めて試射ができずに本射になるのは困るので、渋々従いましたが役員のこの判断は正しいのでしょうか?

役員を呼びましたが来ないので姿勢を崩し、役員を呼びに行き状況を話し、再度姿勢とり射撃をしたわけで少なくとも5分の延長はあって然るべきと思いますが、私としてはかなり不満です。

G1の試合なのでそれなりに気合を入れて望んだのですが、これがかの有名な関西ルールなのかと思いガックリしました。

結果について今更何を言っても始まりませんが、今後役員をやるときの参考にしたいので考えられる正しい処理をお教え下さい。

よろしくお願いします。


    2017年11月14日(火) 20:07 修正
準備時間の1個のEST得点の不表示という故障なので得点の事後点検等の手順は行われませんが、時間の経過の件はともかく取られた措置は規則通りのものです。ジュリーは時間を計測し始めて故障認定の場合は射座移動して残り時間プラス5分と試射が与えられます。 今回の場合は本射ではないのでエクストラショットはありませんが、5分以内に修理できなかった場合には射座移動になります。 指示に基づいた射撃が表示されたということなのでそのまま射撃を続けるというのは規則通りの対応です。


≫役員を呼びましたが来ないので姿勢を崩し、役員を呼びに行き状況を話し、再度姿勢とり射撃をしたわけで少なくとも5分の延長はあって然るべきと思いますが、私としてはかなり不満です。

立ち上がって役員を呼びにいったということですが、すぐに来ないことが一番の問題であることには違いないのですが、ちょっとよろしくなかったですね。ルールではジュリーはいつも射場にいてすぐ到着することを前提としていますので、競技者が役員を呼びに行くことなどは想定されていません。 人手不足など現実の問題もあるでしょうから一律に判断できませんが、ポジションを取ったまま「5分前から呼び続けていたんです・・」と訴えられれば普通ちょっと延長してくれると想像しますけれど・・・。

これは規則の問題ではなく人間性と運営の問題であることは明白ですのでなんともコメントできません。その時の役員さんが実質の中断時間を考慮しなかったということです。 ストップウォッチ持ってました??

 フォアエンドレイサーとパームレスト おにく  2017年11月1日(水) 22:51
修正
こんばんは
以前の質問にフォアエンドレイサーとパームレストについて、パームレストひ平手保持できるようにするもの、パームレストは高さを調整できるものと答えられていましたが、例えばワルサーのkk300(これしか持ったことがないので、すみません)のアルテックについてくるレイサー?をARに取り付けて撃ったらルール違反になるのでしょうか、いまいち区別の仕方がわかりません・・・

    2017年11月2日(木) 22:21 修正
パームレストを見なくなってずいぶん久しいですが、パームレストは写真のような道具でスリングレールに取り付けます。


≫例えばワルサーのkk300(これしか持ったことがないので、すみません)のアルテックについてくるレイサー?をARに取り付けて撃ったらルール違反になるのでしょうか

銃身軸線から計測して下方120o以内に収まってますとルール違反ではありません。但し形状はスムーズである必要があり。前方下がりにしては違反と認定される恐れがあります。 調整はライザーの底辺を銃身軸線と平行にまたは前上がりにする必要があります。

  namazu  2017年11月3日(金) 18:28 修正
関連で質問させていただきます。
セントラのパームレストは底面より下に出っ張りがあるので、「パームレスト」と判断しておりますが、いかがでしょうか。

    2017年11月3日(金) 19:37 修正
フォアエンドのエクステンションではなくフォアエンドに取り付けるパームレストそのものです。(商品名もパームレスト)

  あたらしものずき  2017年11月7日(火) 20:56 修正
関連で質問させてください。
SBのレイサーをARに取り付けた場合
銃身軸線から計測して下方120o以内でしたら
ARのストックの幅よりはみ出ていても
大丈夫でしょうか?

    2017年11月7日(火) 23:11 修正
エアー・ライフル規格の幅60o以内で、かつ手をひっかけるような位置に取り付けない限り問題ありません。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53  全 1561件 [管理]
CGI-design