ライフル射撃競技関係Q&A
一番下のボックス=パスワードに”unagi”と入れてください。usagiではエラーになります。300KBまでの画像を投稿できます。(JPG、GIF)
尚、規則の変更や新しい知見のため、過去と同じ質問で違う回答をする場合もありますので了解ください。(スパム対策で以前と変わっています…)
名前 入力必須=なんでもOK
題名 質問カテゴリー

内容 (關於漢語悠瞭解)
画像
修正キー (英数8文字以内)
パスワード 必須(unagiです)
 酷暑の滑り止め対策 年寄り  2017年7月16日(日) 18:45
修正
何時もご指導を下さいまして有難うございます。
本日久しぶりにSBの試合に参加してまいりましたが、酷暑による多大な発汗により頬付が滑って銃が全く安定しません。銃が前に逃げるような感じで安定してサイトの中心から覗くことができず、(無)意識に両腕で本来の頬付の位置に
戻そうとするものですから、当然弾着はバラバラで、とんでもない成績で終わりました。 頬の当たる部分には薄いスポンジを張ってあるのですが、ずぶ濡れで、全く滑り止めの効果はありませんでした。 基本的には姿勢がちゃんとできていない事が最大の要因と思われますが、滑り止め対策につきご指導を下さいますよう何卒よろしくお願い申し上げます。

    2017年7月17日(月) 7:49 修正
大量の汗をかく時期はバットプレートを外さないで同じ姿勢で何発も続けて射撃することをある程度犠牲にする必要があるかもしれません。チークピースにはテニスラケットのグリップテープ等で滑り止めを期しますが、どうしても汗でずれてきますので5発程度で外して汗を拭きとりながら撃つこと覚悟したほうが良策と考えます。 タオルで汗を拭くことに加えて途中でアルコールを含んだ顔拭き紙タオルで顔面を拭くと摩擦力が回復しやすいです。 いずれにせよ「春秋冬と同じように撃つ]という戦略は変えたほうがよい気がします。

 御礼 年寄り  2017年7月17日(月) 17:06 修正
早々のご指導誠に有難うございました。
テニスラケットのグリップテープとアルコールを含んだ顔拭き紙タオルは
早速試してみたいと存じます。
老生だけでなく皆さん一様に同じ問題を抱えておられるようで、意味もなく、少しホッとしました。
ご指導くださいまして有難うございました。

 AR S usagi  2017年7月12日(水) 21:04
修正
いつも勉強させていただいております。

ARのSについてご指導をお願いいたします。

今までラミネートストックを使っていましたが、身長160センチの私にはどうしても長く、トリガーからバップレまでを短く詰められるようアルミストックに変更しました。
標的方向へ傾いていた左前腕は垂直に近くなり、右手も体に近づきました。
得点的にも伸びはしたのですが、左手に痺れが出るようになりました。

左のファニーボーン付近を圧迫するためのようで、左中、薬、小指が痺れています。痺れは3日以上続きます。
射撃用の肘が厚くなっているインナーの購入を考えていますが、何か解決策はないでしょうか。

    2017年7月12日(水) 22:25 修正
≫左のファニーボーン付近を圧迫するためのようで、左中、薬、小指が痺れています。痺れは3日以上続きます。

立射でも今まで何例か経験していますが、これは良くないです。(指に力が入らなくなってしまった症例も複数知見しています)

 ポジションを変えてでも尺骨神経を圧迫しないようにしてください。ルールが変更になってフォアエンドの高さが12pまで許可されますので、フォアエンドの高さを追加すれば左腕の垂直使用を無視し、持ち手を標的側に移動しても高さが確保でき、同時にひじの尺骨神経への圧迫を減らすようにすることも考えられます。薄いスポンジを左ひじに当ててインナーが効果あるかどうか実験してみてはいかがですか?

  usagi  2017年7月13日(木) 20:19 修正
指先で押したり、つまんだりする動きで力が入りにくいです。大事な試合があったので、だましだまし続けてしまいました。試合も終わりましたのでフォームを見直そうと思います。

ぐ様が今までご覧になった方々は、どのようなポジションの変更を行ったのでしょうか。
実例をご存知であればお教えいただけませんか?

    2017年7月13日(木) 23:54 修正
現在と違ってフォアエンドの高さが90oでしたので上記回答のような工夫はできませんでした。 

多くの例で左ひじの骨盤上の位置を少し前(おなか側)に移動させ完全なコンタクトを犠牲にして柔らかい組織を介して重量を伝達する方法を取りました。左手が若干体の前方向に移動するのでその分スタンスをオープン気味に変更する必要がありました。バイオメカ的には良くありませんが体のほうが大切ですから。 少例ですが射撃ズボンをサスペンダーで吊りズボンの上端を上げてひじを骨盤ではなくズボンの引っ掛かりで支え、支持力が不足する分は若干の筋力を使用する方法を採用したこともあります。 念のためですがジャケットの折り目がひじに強く当たっているようなことはないですよね?


≫指先で押したり、つまんだりする動きで力が入りにくいです。

これはもうスポーツ障害ですから、だましだましやらないでください。

  usagi  2017年7月16日(日) 17:59 修正
病院で検査を受けたところそこまで重症ではないようでした。ビタミン剤の処方だけで済みましたので安心しました。

練習してみたところ、肘の少し上、上腕の内側が圧迫されているようでした。矢印の皮とキャンパスの縫い目がファニーボーンの2、3センチ上にありました。10分程度の練習で様子をみたのですが、正座から立ち上がった時のようなじんわりした痺れが出たので練習を中止しました。

コートの改造ができないか相談してみます。

    2017年7月18日(火) 4:17 修正
御身大切に

 自宅据銃 土日シューター  2017年7月12日(水) 15:29
修正
ぐ先生、こんにちは。
平日に自宅据銃、土日に射撃場での練習をしていまふ。自宅据銃は6〜7メートル程の距離で、ARも三姿勢もやっています。ずっと的を置かずにやってきたのですが、そろそろ欲しくなってきました。スキャット練習を取り入れるためです。お伺いしたいのですが、的の高さはそれぞれどの辺に設定したらいいのでしょうか?身長は150ちょっとあります。よろしくお願いします。

    2017年7月12日(水) 20:00 修正
ポジションの形は個人個人の固有のものですので身長や訓練距離から標的の高さを定量的に計算することはできません。当面はご自身の良いと思われるポジションで照準しているところを標的地上高としてください。

そしてこの次に射撃場に行った際、良いポジションが採れたら実射後に友人に頼んで銃口の地上からの高さを計測してもらってください。その銃口の高さで照準できる先をから撃ち用標的の高さにしてください。膝射などは上半身の沈み込み状態によって照準指向点が変化しますので、射場での計測をシーズン毎にでも行ってから撃ち標的位置を修正してください。但しあまり神経質にはならないように・・・射場によって標的の高さは違いますから。

  土日シューター  2017年7月13日(木) 22:16 修正
ぐ先生、ありがとうございます!次の練習で誰かに銃口の高さを測ってもらいます。
確かに膝射は難しそうですが立射から測ってみます。
アバウトに〜測ってみます!

 ARに関して 焼き肉  2017年7月2日(日) 0:33
修正
こんばんは。
私は学生で半年前くらいに練習でARで615点を撃てていましたが、SBを始めてから成績が600点止まりになっている状況です。

そこで、お聞きしたいのですが、自分の中の感覚として、10点だと思って引き金を引くのですが、弾着が反動やその後の揺れた方向にズレてしまいます。初めのうちはフォロースルー不足だろうと思っていましたが、どうも昔と比べて違和感があり、トリガーを落としてから弾が発射されるまでの速度に機器的な異常が出ているのではないかと考えています。そういった現象は起こり得るのか、またその解決法(トリガーが落ちてから弾が発射するまでの速度を上げる方法など)があれば教えていただきたく思います。
また、私の銃はラッチが手から滑り落ちた時にたまに暴発してしまうのですが、異常がある気がしてなりません。

拙い文章ですが、何卒ご教授願えればと存じます。


    2017年7月2日(日) 17:42 修正
≫そういった現象は起こり得るのか、またその解決法(トリガーが落ちてから弾が発射するまでの速度を上げる方法など)があれば教えていただきたく思います。

部活レベルで3年も使えばお尋ねの現象は相当の確率で生じますが毎日のように使用していると気が付きにくいものです。結果論的に申せば初速が低下していることがほとんどです。多くはストライカーのバネの消耗劣化によるものですが、潤滑油切れやほこりの堆積による金属摩擦の増加も考えられます。

解決策はオーバーホールして撃針バネを交換することですが、トリガーブロック単体で見れば掃除・注油ということになります。

撃発から弾丸が銃口を離れるための時間はロックタイム(引き金が引かれてから機械が空気弁をたたくまでに時間)が90%以上の比率を持っています。初速差によるバレルタイムの差はロックタイムの増大に比べれば小さいものですが状態を表すマーカーとしては重要な意味を持ちます。


≫私の銃はラッチが手から滑り落ちた時にたまに暴発してしまうのですが、異常がある気がしてなりません。

遊びを引いた後の最終的な掛かりが小さすぎます。換言すれば整備不良なのですが何も触らなくても摩耗や温度変化で生じる場合もあります。掛かり量調整のねじを1/16-/-1/8回転緩めて(アンシュッツ、バウの場合)掛かり量を増やしてください。

 女性仕様の銃 年寄り  2017年6月26日(月) 22:26
修正
何時もご指導有難うございます。
さて、そろそろSBの銃を買い替えようかと考えているのですが、
小柄で非力な小生のような日本人男性には、女性仕様の銃の方が
使い易いのではと思うのですが、如何でしょうか。
小生の身長は164cmで、日頃特段の運動をして体を鍛えていることも
ありません。 用途はP60Sです。
ご指導をよろしくお願い申し上げます。

    2017年6月27日(火) 23:58 修正
精度だけで言及すれば銃身はアンシュッツでいうところのヘビーバレルのほうが平均的に優れています。あくまでも個体差ですので論理的ではないのですが、630点を撃ってゆくにはヘビー銃身が良いでしょうし、625点ですとどちらでもよいといった感じでしょうか。あくまでも感じですよ。

さて肝心の銃床サイズですがくしくも私も164pなのですが、明らかにストックは女子サイズが適当です。ドイツ人の女性の平均身長が170p弱で、しかも手足が長いですので我々のサイズは女子用を工夫して使用する体のサイズに相当します。大きすぎることはないと思いますが・・・。

ほとんどの人は伝統的に大きな銃にならされていますが、身長164pですとあまり悩む必要もないのではないかと考えます。

 御礼申し上げます 年寄り  2017年7月1日(土) 22:07 修正
ご指導有難うございました。
試合では、マグレで出した自己新でも616点程度ですから、銃の精度云々のレベルではございませんが、やはり使い易さではストックは女子仕様ということで、この年では今回が人生最後の買い替えでしょうから、何とか予算の許す範囲でよい銃を探してみたいと存じます。 ただ、銃砲店でもあまり女子規格の銃の在庫が無いのは、最近の若い人の体位向上の繁栄でしょうか。満員電車でも周囲の視界が全く効きませんから、見下ろされるばかりですものね。
これからは身長も伸びるどころか縮む一方ですし・・・
何時も的確なご助言を下さいまして有難うございます。

 シミュレーター SCATT等について 田山秀幸  2017年6月28日(水) 21:41
修正
AP→ARを所持し1年経ち、現在ARS60で550点前後をコンスタントに撃てるようになってきたのですが、Xの数だけでは17個前後を上位の射手と混色無いのですが、点数が伴っておりません。

息抜きでAPS2にSCATTを付けた物を使う機会があったのですが、撃発遅れや、フォロースルーをしているつもりでも銃口があらぬ方向に向きフォロースルーが不十分である等色々と気づかなかった事が分かりました。

SCATTを個人で購入し、練習に取入れ練習の質を向上させたいと思ったのですが、ぐ様的に個人のSCATT導入についてどの様なお考えでしょうか?

銃の動きの質、姿勢の質の向上を…と似た質問に対し過去ログにてご指摘されておりますが、指導者が居ない射場だと自分の確認では限界があり、SCATTにてデータを取って実家帰省時に以前教えて頂いていた指導者と確認したいと考えております。 また蓄積データがあればどこかで指導していただいた時にも以前はこうであったと、提示できると考えております。

よろしくお願いします。

    2017年6月29日(木) 16:49 修正
≫ぐ様的に個人のSCATT導入についてどの様なお考えでしょうか?

良いと思いますよ。
どれぐらい良いと思っているかといえば、200%良いと思っています。買っただけで満足してしまわないかどうかだけは事前によく考えてくださいね。

 SCATT 田山  2017年6月30日(金) 0:41 修正
SCATT等のシミュレータに否定的な意見等もあったのですが、
参考になりました。
購入した場合でも持ち腐れにならないようにしたいと思います。
ありがとうございます。

    2017年6月30日(金) 11:17 修正
SCATTの旧モデルは銃口の空間座標検知でしたが、現行モデルは銃口の指向方向を画像処理で計測しますので、絶対精度を求めない限り計測方法そのものが射撃に近く実用的に良くなっていると思いますよ。

 マシンレスト SK  2017年6月27日(火) 21:16
修正
マシンレストを使用したSB弾のロットテストについて教えてください。
ストックごと挟み込むマシンレスト(左右3点づつ)でロットテストする場合、少しでも正確に精度を出すために気をつけるポイントはありますか?
スキャットを併用してこんな反動ならよい、こんな反動なら固定が甘い、などありましたら教えていただけますでしょうか。
よろしくおねがいします。

    2017年6月28日(水) 0:11 修正
挟む際にストックをねじらないことです。片面で平行を出してから反対の3点を均等に締めていってください。フォアエンド下の銃床を持ち上げるパーツは一番最後に当ててください。ねじの締め具合で着弾の方向を決定したりすると満足な結果は得にくいですが、ちょっとくらいはいいかも・・・。

スキャットは毎回の狙点のずれを確認するために使用することを推奨します。反動は銃身の個性やストックとの相性に大きく依存しますので、挟み方で反動は変化しますがそれほど調整できるものではありません。

成績の良い銃は撃った時の反動(跳ね上がり)は小さいですし、直後のブルンブルンといった動きもすぐに収まります。これらの要素はベディング(ベディング加工という意味ではありません=ストックとアクションの当たり具合という意味です)の良否やバレルドアクションの締め付けトルクにも依存します。

現在のアルミの側面が平面のストックですと割合良いグループができますが、古い木製のストックは撃っていくうちにずれて挟みが安定するまで(全然安定しない場合もある)結構弾丸を消費するものです。経験では10発で安定的なレストが決まったことはありません。気長な作業となります。

 ストックのウェイト P70  2017年6月18日(日) 20:24
修正
ストックに付けるウェイトについて質問をさせてください。

2017年度からのルール変更で、

RR7.4.2.7
銃身を除くライフルの各部に取り付けられるウエイトはストックの形状の内側、テープ止めは禁止。

とありますが、画像のようなアンシュッツアルミストックの前方にネジで取り付けるウェイトについては、違反という扱いになるのでしょうか?
ルール変更まではアンシュッツから販売されている既製品ですが、形状の内側でないと言われればそのような気もするのでアウトなのだろうかと悩んでおります・・・

教えていただければ幸いです。
よろしくお願いします。

    2017年6月18日(日) 21:31 修正
7.4.2.7はスタンダードライフルと10mエアライフルに共通する規則で、300m、50mライフルには適用されません。

50mは規則番号7.4.5-cdef並びに図です。写真のウェイトは規則の範囲内で(機関部後端から70p以内と思う=計ってません)あると思われ問題ないでしょう。

  P70  2017年6月19日(月) 13:29 修正
教えていただきありがとうございます。

ルールの中で特に、
f)ライフルのフォアエンドに装着するウエイトは銃身軸線から下方向に90mm以内、前方には機関部の後端から700mm以内まで張り出すことができる

下方向、前方には規程がしっかりとあるのに上方向にはないのですね。

ウェイトの位置を測ってみると70cm以内の位置にありました。

ルールに適合したものだとわかり、よかったです。
ありがとうございました。

 関連で うなぎ  2017年6月21日(水) 18:41 修正
質問させていただきます。

ans9015precise のストック下に付いているパーツは大丈夫ですか?

それと、パルディーニGPR 等のチークピース後ろに付いているウェイトは?
チークピース後ろのウェイトは自分も使用しているので、大いに気になります。
よろしくお願い致します。

    2017年6月21日(水) 20:12 修正
≫ans9015precise のストック下に付いているパーツは大丈夫ですか?

現物がないので答えられません。最も低い部位が銃腔軸から140o以内ならOKです。


≫パルディーニGPR 等のチークピース後ろに付いているウェイトは?

7.4.2.7d  A weight may be attached to any part of the rifle, but the weight must be within the fundamental shape of the stock (weights cannot protrude out from the stock)

10mはストックから飛び出す形状のウェイトは使用できないことになっていますが、飛び出しているかどうかの判断については様子見ですね・・・50mはバップレの底部のラインを超えなければ使えます。

  うなぎ  2017年6月22日(木) 19:57 修正
ありがとうございます。
ans9015precise の写真は下記のウェブサイトで見て頂くとして、
http://jga.anschuetz-sport.com/index.php5?produktID=1113&menu=102&sprache=1&produktShow=detail

7.4.2.7 b) バットストックから下方または外側(側方)に突出する装置またはウェイトは禁止される。
↑これに引っ掛かりませんでしょうか?

チークピース後ろに付いているウェイトの一例
http://www.tesro.de/?MSID=221&

使用前の用具検査にて「判断については様子見」します。

  通りすがり  2017年6月25日(日) 18:33 修正
うなぎ様
通りすがりの者です。
ご指摘の機種を使っております。
ストック基本形状内に収めていてばOK。
テスロのようにストック形状を逸脱した突起 違反
と当方の活動エリアでは判断頂いております。
ですのでチークのウエイト取付部はチークを延長してストック形状内に収めております。

ルールのストック形状内に という部分です。

9015のウェイト写真だと9の字ですが回転させて6の字になってストック形状に
収まりそうですね。

  へたへた  2017年6月16日(金) 19:27
修正
こんばんは!
最近試合になると右足(後ろの足)がプルプル震えます。
特に序盤が震えます。緊張もあると思いますが、何か改善する方法はありますでしょうか?右足が曲がりがちなんですか、それも関係するのでしょうか?
よろしくお願いします。

    2017年6月17日(土) 20:48 修正
≫最近試合になると右足(後ろの足)がプルプル震えます。---右足が曲がりがちなんですか、それも関係するのでしょうか?

メンタルのものなのか、はたまた右脚からの可能性も多分にあると思いますが結論的には言えません。まず右脚が曲がらないポジションにしてから射撃前に十分な準備運動を実行してみてください。ゆっくり500m程度走ったのち15分ほどかけて股関節、脚部のストレッチを実行してみてください。悩むのはやることをやってからでも遅くないですよ。

  へたへた  2017年6月17日(土) 22:00 修正
ありがとうございます!
もっと念入りにストレッチをしたいと思います。
あと、右脚が曲がるフォームはやはりお勧めしないですか?

    2017年6月18日(日) 16:58 修正
:曲げ具合で様々調整できる=毎回同じ姿勢を作る技術がつきにくい
:重量の伝達が骨格だけで行われることは不能である=理想的なリラックス度あるいは緊張度が得にくい=銃を止めにくい

という理由等で推奨できませんが、人の体ですので絶対的なことでもありません。

  ヘタヘタ  2017年6月18日(日) 21:30 修正
ありがとうございます!

 銃を一時的に店に預けることはできますか? カイト  2017年6月3日(土) 19:07
修正
こんにちは。 
できれば、早めの回答をよろしくお願いします

私は銃を銃砲店に預けてます。
明日銃を撃ち、明日中に銃砲店に預ける予定でしたが、急遽店から電話があり、明日は人いないので、銃の預かりは月曜日にしてくれと言われました。
しかし、平日は仕事あるので、難しいです。

明日行く射撃場に銃を保管委託できると聞きました。
質問ですが、既にある店に保管委託契約をしてるのに、別の施設と保管委託契約を締結するのは可能でしょうか。
今預けてる店の契約を破棄してからでないと無理ですか?

それか、一週間のみ一時的に保管してもらうとかいうのって、銃刀法的にありなんでしょうか?

    2017年6月3日(土) 20:35 修正
法的にはどこの保管業者でも預けることは可能です。その保管業者が一時的な顧客を受け入れているかどうかはビジネスの問題です。

  カイト  2017年6月3日(土) 20:42 修正
なるほど。ありがとうございます。

明日、交渉してみます。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50  全 1467件 [管理]
CGI-design