ラヂオ屋の番頭さん

うちはおそらく日本一受信環境が厳しい地区であろう。光が丘団地の陰、TBS送信所、環八等受信障害は数多ある。アナログTV時代は難視聴地域で区が無償で有線を引いてくれていた。その中での受信ファイル。

   受信音声ファイル.wma(業務無線の通信内容は削除しております。受信地は全て東京練馬
                            受信機材の構成
   東京都練馬区の国内局受信実績地図(2012/04)     局名が確認できたもののみ   
   船舶気象情報受信録音ファイル (パッシブアンテナ-アクティブアンテナ比較=アクティブアンテナでようやく全局受信)   
   練馬区防災無線69.165FM      
航空支援放送       ホノルルVOLMET6.679MHz  東京VOLMET6.679MHz  香港VOLMET6.679MHz   オークランドVOLMET6.679MHz 
 北京ボルメット13.285MHz  バンコックVOLMET6676  シンガポールVOLMET6676  AUSブリスベンVOLMET6676
 UZBタシケントVOLMET10090  イルクーツクVOLMET13267  ヤクーツクVOLMET13267  ハバロフスクVOLMET13267
 SHANNONボルメット13.269MHz  広州ボルメット13.285MH  SAMARAボルメットCIS11318  ノボシビルスクVOLMET8888
  ICAO東京8.903MHZ⇔UA交信  ICAOマニラ8.903MHz  HFGCS(短波世界通信システム)米軍6.739MHz 
 ICAOサンフランシスコ11384  ICAOソウル10.072MHz  ICAOムンバイ8.879  
         
航行支援放送   東京マーチス1651Khz(東京湾海上交通センター)  名古屋ハーバーレーダー1665KHz(名古屋湾海上交通センター) 
 大阪マーチス1651KHz(大阪湾海上交通情報センター)   関門マーチス1651KHz(関門海峡海上交通センター) 
 備讃マーチス1651KHz(備讃瀬戸海上交通情報センター   来島マーチス1651KHz(来島海峡海上交通センター) 
 伊勢湾マーチス1665Khz(伊勢湾海上交通センター)    名古屋ハーバーレーダー英語放送2019Khz 
 天津海岸電台XSV_CW+NAVTEX12.5815MHz (ナブテックス音)  
     
漁業無線局       三崎漁業無線局2.205MHz 千葉県漁業無線局2.2625MHz  茨城漁業無線局8.719MHz  八丈漁業無線局2.205MHZ
 沖縄県漁業無線局8.875MHz いわき漁業無線局   青森県漁業無線局8.740MHz  牟岐漁業無線局
 油津漁業無線局8.785MHz  鹿児島県漁業無線局   釜石漁業無線局8.794  室戸漁業無線局8.719
 三重県漁業無線局8.719  和歌山県漁業無線8.743  長崎県漁業無線局8.719  熊本県漁業無線局8.761
 宮崎県漁業無線局8.761  大船渡漁業無線局8.794  香住漁業無線局8737 仙崎漁業無線局8.731  
 静岡県漁業無線局8.719      
         
海洋気象放送       米国沿岸警備隊気象放送Point Reyes Ca._NMC 8.764USB   オーストラリア海洋気象放送VMW@Wilina, W.Aus 12.362USB 
 米国沿岸警備隊気象放送Honolulu NMO_6501USB  オーストラリア海洋気象放送VMC@Charieville,S.AUS 12.365
 米国沿岸警備隊気象放送Chesapeake_NMN12.788  米国沿岸警備隊気象放送New_Orleans_NMG12.788
 米国海軍気象放送Canal Zone(PANAMA)8764  米国沿岸警備隊気象放送GUAM NRV 6501
 米国沿岸警備隊気象放送ALaska_NOJ 6501   米国Shipcom社NOAA気象放送KLB 13101USB 
 バンコック気象局8.743usb    韓国気象庁音声天気通報(日本語部)5857.5KHzジャミング付
   海上自衛隊HF通信(RTTYによる内容は削除済み)JJG8(厚木)6751   米軍AFNラジオ_GUAM_USB波放送 5765
   米空軍HFGCSテスト通信11.715   米軍六本木ハーディバラックスヘリポート気象通報141.1M
   標準電波BPM15MHz  標準電波WWVH15MHz  標準電波WWV+WWVH+BPM混信10MHz 
   標準電波JJY60Hz@CW    北朝鮮のジャミング  OTHレーダーによる電波障害
       アクティブアンテナ・パッシブアンテナ受信比較(ALA-MTA)
気象FAX      気象庁JMH天気図短波FAX受信状況(WMV)13988.5kHz (20倍速、音は実音を合成)   
 JMH(気象庁)FAX出力13.9866  神奈川県漁業無線局JFC-FAX8.658   HLL(韓国)気象FAX13.5681
 JJC(共同船員新聞17428.1  BMF(台湾)FAX18558.1  NMC_California8.6801  VMW_AUS15.615
 VMC_AUS11.030  NOJ_ALASKA12.4106  KVM_HAWAII9.9806  ZKLF_NewZealand13.5486
 NMG_NewOrleans8.502  DDK_Germany13.8806  NMF Boston9.1081
 HSW_Bangkok_7.395
 放送  
 R.Thailand ID 9795  R.Romania ID 21.5000  しおかぜ5.985   ふるさとの風9.55
 FM寧波電台陽光之声90.4MHz(浙江省-eskip)  FM寒亭人民広播電台90.8MHz(山東省-eskip)  voice of people6.518(対北朝鮮by韓国)  WYFR11.853(台湾送信)
 FM連雲港経済広播90.2MHz(江蘇省-eskip)  FM沖縄87.3MHz-eskip    
暗号  Chunese Robot5.592LSB  V13星星台-11.43USB  V16-11.15  V24-5.115
 V26(27)-9.153USB  ???6.326    








以下古い話

その昔神戸市で受信できた国内放送局
   
むかしの民放ラジオの出力は殆どが5KWで現在の10k-100kに比べて非力ながらもお互いの干渉、混信が少なかった。 おそらく現在では神戸から沖縄や北海道の電波の受信は相当困難と考えられる。 ちなみに国内中波で一番強力(500KW)な送信を行っているのがNHK第2放送で、災害対策らしい・・・

昔の八紘一宇電波戦略(あくまでも我が国中心今やその元気なし・・・

ASIA-OCEANIA      EUROPE     AFRICA     AMERICA